20代の私の、ヘタレながらのマーケティング思考

2020年07月31日 13:55

20代の初めごろ、
私は 某百貨店で服を売っていました。

 
当時、トップスやボトムスが
1枚 12,000円〜18,000円くらいの設定で

キャリア志向の女性がターゲット層でした。

オトナの女性が着るような
シンプルでいて、カッコいい服です。

 

20代の私はといえば、
そんなカッコいい女性とは雲泥の差で
あらゆることにブレ、迷走していました。


経験値も自己肯定感も低い、悩み多き
かまってちゃんな女子でした。

 
ですので、接客も自信のなさが
そのまま出ていたと思います。
  

 
ウロウロと接客する私を見かねたお客様が、
立ち居振る舞いを教えてくださったり


なっていない言葉遣いを
指摘されてしまうくらいに
社会人として恥ずかしいヘタレでした。

( 同期や先輩が呆れていました )
 

 ........................
 

ある時、会社帰りのOLさんと見られる
20代後半くらいのお客様が
店内のお洋服を手にされていましたので、

頃合いを見て、
お声をかけさせていただきました。

 

そのお客様、きっと誰かに自分の話を
聞いて欲しかったのでしょうね。

 
その日、会社であったイヤな出来事を
初めて会う私に、苦しそうに
つらつらと話してくださったのです。
 

そして30分後には 私がおすすめした
トップスとスカート、アクセサリーを
まとめて購入され、帰られました。
 

合計45,000円くらいだったと思います。
 

 
 
このお客様が手にされたもの 
 

 
それは、

 

“ 「とても似合いますよ」と
おすすめされた洋服を着て、
会社で輝きながら仕事をする自分 ”
 

そして 

“ ショップの話しやすい店員さん(私)との
ひとときの楽しい時間と雰囲気 ”

 
です。


ここに魅力を感じられて、クレジットカード
一括払いでご購入されたのですよね。
 

こういうマーケティング的なことって、
いつの時代も普遍的で変わらないなあと
今になって思い出したのでした^^

 
.....................

 
というわけで、

◆ 8月8日(土) 21:00-22:30

くりたの無料オンライン講座を
開催いたします。
  

『 苦手を克服!明日からできる
セールス&ライブ攻略講座 』
 

告知2日間で20名のご参加表明✨
ありがとうございます。

まだまだ ご参加できます^^
  
 

セールスは苦手...
ライブをやってみたいけれど…

そんな皆さまに有料級の講座を
お届けいたします。
 

ぜひご参加くださいね。 
 

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)